NEWS RELEASE

Corporate Newsコーポレートニュース

2017.06.20

私立から公立へ!スクール写真のEC化は成長期へ突入!
DigiBookが街の写真店に向けて『みんなの写真屋さん』を開発

株式会社DigiBook(本社:東京都渋谷区、代表取締役:有馬ヒロノブ、以下「DigiBook」)とノーリツプレシジョン株式会社(本社:和歌山県和歌山市、代表取締役:星野達也、以下「ノーリツプレシジョン」)は、業務用プリント機『QSS』専用設計のスクール写真システム『みんなの写真屋さん』 ( https://minsya.com/ ) を2017年6月20日より提供します。

みんなの写真屋さんのスマホ画面

教員の働き方改革が叫ばれる今、スクール写真販売のEC化は成長期を迎えています。2007年にベンチャー企業が開始したネット販売サービスは、私立が多数を占める幼稚園や保育園へ急速に導入されました。一方、公立が多数を占める小中学校も、教職員の負担軽減に向けた取り組みの一環として、EC化へ舵を切り始めています。

スクールにおける公立私立の割合

そこでDigiBookは、公立スクールが信頼を置く“街の写真店”に特化したスクール写真システムを企画・開発。ミニラボ(業務用銀塩プリント機)で世界トップシェアのノーリツプレシジョンと協業し、『QSS』とのシームレスな連携を実現しました。ラボ業務の雑務をなくす「運用力」、保護者の要求に応える「対応力」、先生の不安を解消する「提案力」が、EC化の導入障壁を徹底解消します。


●【運用力】ラボ業務の雑務を軽減する専用管理ソフト『写真屋さんマネージャー』

管理ソフト『写真屋さんマネージャー』と『QSS』の連携で、従来のラボ業務を大幅に省力化しました。ウィザード形式で操作に迷わない「写真管理」、自動で入金が確認される「注文管理」、注文ごとにプリントが自動で仕分けられる「プリント管理」が、展示から納品までの運用業務を徹底的にサポートします。

QSS環境に専用ソフトを追加するだけでEC化

●【対応力】顔認識AI機能「うちの子検索」など保護者を満足させるサービスクオリティ

保護者のスマートデバイスによるアクセス率は、既に7割を超えました。ネット販売の売上は、このスマートデバイスに展示された大量の写真をいかに見やすく、探しやすく提供できるかに左右されます。この事から、DigiBookは何十万枚もの画像をフリック操作だけで閲覧できる「リサイクルスクロール技術」を独自開発しました。さらに、特定の子どもが写った写真を自動で選別できる「うちの子検索」を標準搭載。AIを活用し検索精度を業界最高水準まで高めます。

顔認識AI機能「うちの子検索」など保護者を満足させるサービスクオリティ

●【提案力】スクールを不安にさせない販売方法とセキュリティ

あらゆるスクールの方針に沿えるよう、展示(壁/ネット)、決済(注文袋/クレジットカード/コンビニ)、納品(学校配送/個人宅配)を組み合わせた販売方法に対応。EC化に不安を感じる先生と利便性を求める保護者の双方に提案できます。さらに、個人情報保護体制に対する第三者審査を毎年受審。安心してお使いいただける保護体制を維持します。

スクールを不安にさせない販売方法とセキュリティ

■システム仕様

対応商材 通常プリント(スナップ、集合写真)
対応する決済方法 注文袋、クレジットカード、コンビニ
対応する納品方法 学校一括納品、個人宅配
システム利用料 初期費用(システム導入費用、利用登録料):無料
ロイヤリティ:6~8円/枚(L判)
推奨環境 【写真屋さんマネージャー】Windows 7以上
【みんなの写真屋さん】スマートフォン:iOS 10以上 /Android 4.4以上
パソコン:Mac OS X(10.4以上)/Windows 7以上
必要なソフトウェア EZ Controller(Ver.5.70以上)、Noritsu Hot Folder(Ver.4.30以上)
インターネット環境 光回線が必要(プロバイダ指定なし)